お金借りれる所

\お金借りれる所をお探しなら/

トップページ

「突然の冠婚葬祭で困った…」
「急な出費で生活費がピンチ…」
「給料日前でお金がない…」


今すぐお金が必要な方は必見!
こちらでは、はじめてお金を借りる方、今すぐお金を借りたい方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。

初めてお金を借りるなら大手消費者金融がおすすめ!

カードローンやキャッシングなど、融資を受けられる金融機関はたくさんありますが、初めて利用する方には大手消費者金融を選ぶのが安心安全です。

即日融資にも対応している大手カードローンなら、審査が早い上に最大30日間の無利息サービスも適用されます。

また、パソコンやスマホから24時間365日申し込みできるのも大きなメリットです。申込から契約までのすべての手続きがWebで完結するので、今日中に借り入れることもできます。
※申し込む曜日や時間帯により、翌日以降の取扱いになるケースもあり。

\今すぐお金借りれる/
安心の即日融資ランキング

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、手続き完了後10秒程度で口座に入金。その他の銀行の場合は平日14時50分までに手続き完了で振込融資が可能に。14時以降にどうしても借りたいという場合には、22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます。
  • Web完結で契約できる
    Web申し込みなら全ての手続きがネット上で完了。家族にバレるリスクが他社より低いです。
  • 初めてなら30日間利息0円
    はじめてプロミスを利用する方で、メールアドレス登録とWEB明細利用登録をした方は、30日間無利息でお借り入れが可能です。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、学生や主婦でもアルバイトやパートで収入がある20歳以上69歳以下の方ならお金が借りれます。
  • 1,000円単位で借りれる
    限度額に関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます。
  • スマホなら専用アプリが便利
    プロミスのアプリなら今すぐ書類審査の申し込みができます。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要となります。

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら毎月2,000円と、返済金額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が低く設定されているため、無理なく返済できるので安心です。

即日融資にも対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    お申し込み時間によっては翌日になることも。ご注意ください。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで収入があるならお金が借りれます。
  • 初回は30日間利息0円

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐ申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みを導入。この期間内に返済を行うことで、次回の返済期日が延長されるという仕組みです。返済金額は、借り入れ金額ごとに変動しますが、10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していく形になります。

最短30分審査で即日融資!
楽天銀行口座があれば即振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる
    楽天銀行の口座をお持ちの方なら、24時間いつでも振込融資OK。14時までに手続き完了で、その他の銀行でも振込融資ができます。
  • 免許証だけで借りれる
    借入希望額が50万円以下なら、収入証明書の提出が原則不要です。
  • 派遣・契約社員も借りれる
    派遣社員、契約社員の方はもちろん、20歳以上の学生や主婦でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 初回は最大30日間無利息
  • PC・スマホで今すぐ申し込みOK

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐ申し込みが可能。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」を用意してください。
顔写真がない書類の場合には「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要となります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

【返済について】
アコムは、契約時の借入限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。
たとえば、限度額50万円で10万円借りた場合、毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

まとめ

こちらでは、今すぐお金が借りれる所をおすすめ順にランキング形式でご紹介しました。

銀行カードローンや消費者金融など、お金が借りれるところはたくさんありますが、安心して借りれる所を選ぶことが大切です。

もし金利が安く借りやすいところがあったなら、それはもしかするとヤミ金や悪徳業者かもしれません。十分気をつけて下さい。

お金を借りれる所Q&A

こちらでは、お金を借りれる所をお探しの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

どこでお金を借りたらいいのか分からない、安心安全な借入先を探している、という方は、良ければこちらの情報を参考にしてみて下さい。

Q.簡単にお金が借りれる所ってありますか?

A.大手カードローン会社なら、簡単便利にWeb申し込みができるようになっているのでおすすめです。

大手消費者金融のカードローンなら、パソコンやスマホを使って簡単にWeb申し込みができ、借り入れまでの時間もスピーディーで早いです。

また、はじめてお金を借りる方、借入審査が不安な方には、公式サイトにて気軽に仮診断を受けることができるのでおすすめです。

ただし、簡単にお金が借りれると言っても、必ず審査に通る必要があることをお忘れなく。審査については、銀行カードローンより消費者金融のほうが、金利が高い分審査に対するハードルが低く設定されているようです。

Q.どうしてもお金が必要です!大至急今すぐお金が借りれる所はありますか?

A.はい、あります。即日融資にも対応しているカードローン会社がおすすめです。

今日中にお金が必要な方は多いですよね。そんな方には、即日で安心してお金が借りれる大手の消費者金融を利用してみてはいかがでしょうか。

大手消費者金融で借りるメリットは、「ネット申し込みで今すぐ借りれる」「誰にもバレずに借りれる」「最大30日間無利息で借りれる」といった点などが挙げられます。

銀行口座への振込キャッシングにも対応していますが、コンビニ提携ATMからも借り入れ可能となっています。

コンビニ提携ATM
プロミス
アコム
アイフル

Q.安心安全にお金を借りれる所はどこですか?

A.大手の金融機関を利用するのが一番安心・安全です。

お金を借りれる所はたくさんありますが、安心してお金を借りれるところを探すなら、「テレビCM等でよく見かける大手金融機関」が安全です。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルはもちろん、テレビCMでよく見かける大手消費者金融ですよね。

他にも大手の銀行カードローンも安心安全ですが、審査が厳しいこと、即日融資に対応していない所が多いことから、今すぐ借りたい方には不向きとなっています。

お金を借りたい方向けの基礎知識コラム

一昔前には、機械でキャッシングの申し込みができる無人契約機は画期的でした。

なぜなら、それ以前のキャッシングの申し込みは、窓口で直接行うという方法が普通でした。


今はもっと手軽で便利になり、無人契約機に行くこともなく、自宅からでも申し込みが可能になりました。身近なもので言えば、スマートフォンを使って金融機関公式のアプリをダウンロードするとすぐに申し込みもできますし、返済計画を立てられるのでとても便利です。



僕は友人や親戚の結婚式が続いて友人にお金を借りて、言いふらされた苦い経験があります。
恥をかかないよう力になってくれるのがキャッシングです。急な出張、飲み会、ときには出張&飲み会の出費にも役に立つはずです。一括返済するつもりで必要最小限の利用にして、早期一括返済することで利息を払わずに済む『何日以内は無利息』も、昔に比べると増えました。
友達がいても頼みにくいのが借金です。大人なら少なくとも1枚くらい、キャッシングできるカードを持つと心強いです。
使わなくても期限がくれば更新できるので、安心してください。

誰でもそうだと思いますが、キャッシングを使っていることは、あまり知られたくないものだと思います。

仮に、家族にも内緒にしておきたい時は、キャッシングカードや業者からの連絡が家族に知られるような事態は避ける必要があります。


カードについては、審査合格後に自動契約機を操作すれば、カードを手に入れられるので、自宅に届く心配はありません。また、郵便物については、そのキャッシング業者に連絡をすれば、自宅には何も送られてこないでしょう。キャッシング業者もこのような利用者の心理を理解してくれますので、プライバシーに配慮した対応をしてくれるでしょう。キャッシングとローンとは酷似していて混同して同じように使う人もいますが、本当は別物です。
キャッシングとローンの異なる点を説明します。

キャッシングは借りた金額を翌月の返済日に一度に返済します。
ローンは自分が借りたお金を一度ではなく分けて返していきます。

給料日まで何とか過ごせるようにキャッシングを多く利用します。


「カードローンのカード持ってる? あれ、繰上げで一括返済ができるんだよ」遠方の会社に転職が決まったとき、壮行会で先輩に言われました。

というのは、昔、親友が複数のカードローンの返済を抱えてどうしようもなくなってしまったことをあとになって知ったのだそうです。結構、深刻な状況だったとか。カードローンでお金を借りるときは、現金に『借入』のハンコは押してないですから、借りた実感はないのかもしれませんね。便利だからこそ怖いというのも変ですが、気をつけることが大事なのだと思います。
あとで一括返済しても痛くないよう、僕ならボーナスの半分くらいで留めておくつもりです。キャッシングを受けるというのは、お金を貸すサービスをしている業者からせいぜい数十万円単位のお金の貸し出しを希望するという場合に利用できるタイプの借金です。


もしも借金をしたいというのであれば、本来なら保証人なり、担保なり、返済不能になった場合の代わりになるものが必要です。


しかし、キャッシングでしたら金額も小さいわけですので通常用意しなくてはならない面倒な保証人や担保を見繕う事なく現金を受け取ることが可能なのでとても楽です。



申込者の身元や身分を証明することが出来る資料一つで、大半の場合融資をしていただけると思っていて良いでしょう。キャッシングの契約をする場合は、利用限度額も大切なポイントでしょう。


希望限度額が50万円以下の時は、本人確認のために運転免許証1枚あれば契約可能だからです。しかし、利用限度額が50万円を超したり、他社からの借入金額を加えて100万円を超えてしまうと、収入証明書を提出せねばならず、 手続きが少々繁雑になるという訳です。キャッシングを使おうと思った場合毎月支払わなければいけない金額の返済方法が決定されていたり、自身で返済の方法を選ぶこともできますが、多額な利息を払いたくないのであれば、できれば早目に短期間で返済できる方法を選択する方が、利息のことを重点的に考えるのであればかなりお得になるでしょう。


すぐに返済できる環境であれば、それを実行するほど次回借り入れする時の審査も楽になり、とても手軽に利用できるようになります。

カードローンを契約するときに公的機関が発行する身分証が必要です。

しかし、借入が50万円を超えるときや、安定した収入がある給与所得者以外だったら、一緒にどれくらいの収入があったかを示す公的な書類の提出が必要となります。それに、勤務先に電話で行われる在籍確認を書類提出などの電話以外で済ませる為には、状況に応じた代替品を用意しておきましょう。

お金に関するお役立ち情報

\お金を借りたい方には/
即日融資NO.1のプロミス

今すぐお金借りるなら↓